倉内未来 プロフィール

恩師 長谷純子先生、そして現在は木原博監督の元、
日々練習を頑張っております。

生年月日
1994年生まれ
2009年4月
青森県立青森第二高等養護学校入学 1年より陸上競技部所属
2012年3月
青森県立青森第二高等養護学校卒業
同年 4月
マクドナルド青森東バイパス店
ハンデイキャップ・アルバイトとして入社
2013年12月
同店舗にて正社員に昇格

現在に至る。

ドナルドと未来

競技歴

2009年8月
(高校1年)
第17回青森県障害者スポーツ大会 陸上競技の部800m 第1位 4×100mリレー 第1位
2010年8月
(高校2年)
第18回青森県障害者スポーツ大会 陸上競技の部800m 第1位 4×100mリレー 第1位
10月
第10回全国障害者スポーツ大会「ゆめ半島千葉大会」陸上競技の部800m 第1位 1500m 第2位4×100mリレー 第3位
2011年8月
(高校3年)
第19回青森県障害者スポーツ大会 陸上競技の部m 第1位 4×100mリレー 第1位
10月
第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」陸上競技の部800m 第1位 1500m 第1位×100mリレー 第6位
2012年11月
日本ID陸上競技選手権 兼2013 I PCリオン世界陸上選手権・アジアユースパラゲームス代表選手選考会(東京)800m第4位(19歳まで 3位) 1500m 第5位(19歳まで 3位)
この成績により2012/13年度 両大会等の派遣強化指定選手

2013年度

強化指定選手に登録。

【大会名】
第68回国体陸上競技青森県選手選考会
兼第44回東北陸上競技選手権大会青森県選手選考会
【日時】
2013年7月5日(金)~7日(日)
【参加種目】
800m,1500m 予選不通過
※関東身体障害者陸上競技選手権大会の代替
【大会名】
2013年日本ID陸上競技選手権兼インチョンアジアパラ
ゲームス大会選手選考会 (東京)
【日時】
2013年8月3日(金)~4日(日)
【参加種目】
800m(第4位),1500m(第4位) 2014年度強化指定選手
<記録会>
2013年西日本陸上教室・記録会
(強化指定選手対象、招待選手)
<日時>
2013年9月21日(土)~22日(日)
岡山県笠岡陸上競技場
<参加種目>
100m走(公認記録:15.7秒)、走り幅跳び(公認記録3.78m)

アジアユースパラ競技大会マレーシア2013

(1)大会期間
年10月26日(土)~30日(水)
(2)派遣期間
年10月21日(月)~11月1日(金)
(3)派遣場所
マレーシア・クアラルンプール及び近郊
(4)試合結果
走り幅跳び(公認記録:4.11m パラB標準記録 4.10m突破)

※リオパラリンピックにおいて、<知的の400m,1500m,走り幅跳び、砲丸投げ>が参加種目となった。これにより、2014年度リオパラ重点指定強化選手にも選出され、専門種目を走り幅跳びに絞る。

2014年度

強化指定選手とリオパラ重点指定強化選手に登録。

【大会名】
関東身体障害者陸上競技選手権大会
【日時】
2014年7月5日(土)~6日(日) (東京 町田市)
【参加種目】
走り幅跳び(公認記録:3.92m)
【大会名】
2014年日本ID陸上競技選手権兼インチョンアジアパラゲームス大会選手選考会 (東京 夢の島)
【日時】
2014年8月2日(土)~3日(日)
【参加種目】
走り幅跳び(公認記録:4.25m第2位)年度強化指定選手
【大会名】
IPC公認ジャパンパラ陸上競技選手権大会(山口 維新公園)
【日時】
2014年9月3日(金)~6日:国際クラス分け 7日(日)
【参加種目】
走り幅跳び(公認記録:4.31m 第2位 大会新記録 )※パラA標準記録(4.30m)突破※1位追い風参考記録のため
【大会名】
ユースID陸上選手権 (大阪 服部) 兼 仁川壮行会
【日時】
2014年10月4日(土)~5日
【参加種目】
走り幅跳び(記録なし)

アジアユースパラ競技大会インチョン2014

(1)大会期間
2014年10月16日(木)~24日(金)
(2)派遣場所
韓国仁川及び近郊
(3)試合結果
走り幅跳び(公認記録:4.57m 3位 日本1位)

2015年度

リオパラ重点指定強化選手に登録。
2014年度の「青森県特別優秀選手」と「青森市スポーツ賞」を受賞。

【大会名】
第4回グローバルゲームス陸上競技日本代表派遣選手選考会
【日時】
2015年5月4日(祝日・月)~6日(祝日・水)(岐阜 多治見)
【参加種目】
走り幅跳び(公認記録:4.17m)
【大会名】
関東身体障害者陸上競技選手権大会 (東京 町田市)
【日時】
2015年7月4日(土)~5日(日)
【参加種目】
走り幅跳び
【大会名】
日本身体障害者陸上競技選手権大会 (大阪 長居)
【日時】
2015年7月18日(金)~19日
【参加種目】
走り幅跳び(記録なし)
【大会名】
2015年日本ID陸上競技選手権兼パラ重点指定強化選手選考会 (大阪万博)
【日時】
2015年8月1日(土)~2日(日)
【参加種目】
走り幅跳び(4.25m 第3位)
【大会名】
INASグローバルゲームス(エクアドル)
【日時】
2015年9月16日~30日
【参加種目】
走り幅跳び 予選4m18cm通過
最終4m24cm

2016年度

【大会名】
2016IPC Athletics Grand Prixドバイ大会
【日時】
2016年319
【参加種目】
大会記録 4.10m
【大会名】
第27回日本パラ陸上競技選手権大会
【日時】
2016年51
【参加種目】
大会記録 4.55m(女子走り幅跳びT20第2位)
【大会名】
2016ジャパンパラ陸上競技大会
【参加種目】
女子20走り幅跳び 大会記録 4m44(大会新記録)優勝 賞状とメダル(画像)
【大会名】
2016日本ID陸上競技選手権大会
【日時】
2016年718
【参加種目】
女子走り幅跳び 大会記録 4m58(自己新記録)優勝

今後の予定

今後のスケジュールが決まり次第お知らせします。

練習風景

目標は2020年の東京パラリンピック・メダリストとしています。
皆様のご支援に心から感謝致します。

石ヶ守達也 プロフィール

第22回青森県障害者スポーツ大会陸上競技(H26.8) 知的少年100m
第1位 12秒13

全国大会への抱負 「初めての全国大会なので、自分の力を発揮できるよう頑張りたいです。本番は、楽しんで走りたいです。」

石ケ守達也「マスコットと記念写真」

成田直哉 プロフィール

第22回青森県障害者スポーツ大会陸上競技(H26.8) 知的少年400m
第2位 62秒35

第23回青森県障害者スポーツ大会陸上競技(H27.8) 知的少年400m
第1位 60秒75

全国大会への抱負 「私は中学校時代から陸上を始めました。やっとつかんだ全国大会なので実力をしっかり発揮したいです。」

成田直哉「結果」

今井希 プロフィール

第22回青森県障害者スポーツ大会ボウリング競技(H26.9) 知的少年
第1位 スコア275(2ゲーム合計)

第23回青森県障害者スポーツ大会ボウリング競技(H27.9) 知的少年
第1位 スコア287(2ゲーム合計)

全国大会への抱負 「誰よりもたくさん練習をして、その成果を生かして全国の選手と互角に戦えるように頑張ります。メダルを学校に持ち帰りたいです。」

今井希「スポーツバッグと」

倉内未来を応援してくださる方へ募金のお願い

ミライ・ハンディキャップ・スポーツ・チャリティーズでは、障がい者のアスリート活動を支援してくださる方を募集しています。

アスリートが必要とする遠征費や合宿費などの競技活動には、多額の資金を必要とします。 一方で障がい者スポーツ選手の多くは自費で練習環境を整備しながら日々の練習に取り組んでいます。

ミライ・ハンディキャップ・スポーツ・チャリティーズの活動に賛同してくださる会員様を募集しております。ひとりでも多くの方からの応援・ご支援を心よりお待ちしております。

銀行振り込みで応援する

下のボタンから寄付申込書(PDF)をダウンロードして印刷し、必要事項をご記入の上でご郵送または FAX にてお申込ください。

青森銀行、ゆうちょ銀行をご利用の場合、振込手数料が無料になる場合があります。詳しくは下の寄付申込書(PDF)内の記載をご確認ください。

寄付申込書を送信いただきましたら、下記口座にお振り込みくださいませ(個人は一口500円から、法人は一口5,000円からとさせていただきます)。

  • 法人用 寄付申込書(PDF)
  • 個人用 寄付申込書(PDF)

サポーターズリスト

ミライ・ハンディキャップ・スポーツ・チャリティーズの活動に賛同いただき、寄付をしていただいた方々のお名前・団体名を掲載させていただいております。 サポーターズリスト

ミライ・ハンディキャップ・スポーツ・チャリティーズについて

一般社団法人「ミライ・ハンディキャップ・スポーツ・チャリティーズ」は、障がい者アスリートの競技力向上を目指し、アスリートが自身の力をより発揮できるよう活動の支援を行うことにより、もって障がい者スポーツの更なる発展を図ることを目的とし、そのために以下の活動を行っています。

  1. 障がい者アスリートへの活動資金の援助
  2. 大会出場及び遠征等に関する障がい者アスリートへのサポート活動
  3. 障がい者アスリートに対するユニフォーム等の運動用具の提供
  4. 施設・設備の確保及び提供等障がい者アスリート育成に関する環境整備活動
  5. その他障がい者アスリートの競技力向上のための支援事業
  6. 前各号に付帯関連する一切の事業

役員

代表理事長
水落 博之
設立時理事
長谷 純子
長谷川 靖明
設立時監事
竹森 榮幸

決算報告書(PDF)